富士通

FUJITSU MARKETPLACE

close

4年連続、シェアNo.1(注)超高速開発ツール

機械的コーディングはお任せ!
開発者1人当たりの生産性が5~10倍に向上する方法とは?

注 : 「DX実現に向けたソリューション市場動向 2019年度版」(株)ミック経済研究所 刊

機械的コーディングをお任せして生産性を10倍に!?
「Magic xpa」クラウド版で実現する超高速開発

近年、デジタルトランスフォーメーションの潮流はますます強まっている。経済産業省も25年までに、複雑化・ブラックボックス化したレガシーシステムを刷新しなければデジタル競争の敗者になってしまうと提言している。だが、多くの企業ではアプリケーション開発エンジニアの不足から、システムの刷新、クラウド移行をしたくてもなかなかできない現状がある。

これらの課題を解決するソリューションが、富士通株式会社とマジックソフトウェア・ジャパン株式会社の協業により実現した。それが超高速開発ツール「Magic xpa Application Platform(Magic xpa)」の実行・開発環境を、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」上で提供する「Magic xpa powered by FJcloud」だ。

メインのシステム開発に集中できる、超高速開発ツールMagic xpa

マジックソフトウェア・ジャパンが提供する、「Magic xpa」はWeb、モバイル、およびデスクトップのビジネスアプリケーションを簡単かつ迅速に作成できる超高速開発ツールである。ミック経済研究所の「DX 実現に向けたソリューション市場動向 2019 年度版 ~レガシーマイグレーション& ローコードプラットフォームの現状と方向性~」によると、実行エンジン型開発ツールの販売実績で4 年連続トップシェアを獲得している。

写真左:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 渡辺剛氏/写真右:富士通株式会社 芝崎英行氏

Magic xpa の特徴の一つ目は、開発者がシステムに必要なビジネスロジックの実装に集中できることだ。アプリケーション開発の場面において欠かせないコーディング作業の中でも、機械的、低レベルの処理はMagic エンジンが行うので、コーディングが不要だ。「これは実行エンジン型の開発ツールだから実現できること」とマジックソフトウェア・ジャパン マーケティング部部長の渡辺剛氏は説明する。

二つ目の特徴はクライアント/ サーバ型アプリケーション、Web アプリケーション、RIA(Rich Internet Application)と、多様なアプリケーションの構築ができること。もちろん、Windows やAndroid、iOS といったプラットフォームも選ぶことはない。「Magic xpa なら、マルチデバイス対応のアプリケーションの開発も1人でできるようになる」と渡辺氏は話す。アプリケーションの移行も容易に行える。

【図1】メタデータ指向の宣言型プログラミング

三つ目の特徴が、メタデータ指向の宣言型プログラミングを採用していること【図1】を見ればわかるとおり、リポジトリの中で共通項目・共通部品、データ、プログラムを定義し、設計していく。
「リポジトリの中に設計図があると考えてもらえればよい」と渡辺氏。これにより超高速な開発が可能になる。例えば、プログラムの設計では、【図2】のようにプルダウンでコマンドを選択するなどして、基本的なロジック、画面フォームを定義できる。

富士通 マーケティング戦略本部 MetaArc 戦略統括部 コラボレーション推進部部長 芝崎英行氏は、これを「画面上で、GUI ベースでフォームを作り、データを指定し、こういう処理をしますと定義をしてあげればアプリケーションができてしまうほどの簡単さ」と表現する。

【図2】リポジトリ管理 〈プログラム・リポジトリ〉

目次

  • メインのシステム開発に集中できる、超高速開発ツールMagic xpa
  • クラウド版でもっと加速する開発、得られるメリット
  • 「FUJITSU TECH TALK」に参加したから実現したサービス
  • 次バージョンではAngularの採用を予定

“ 超高速”な開発を実現する。Magic xpa 最大のメリットは開発者1 人当たりの生産性が5 ~ 10 倍に向上することだという。開発に関わる人数が増えると、それだけコミュニケーションに費やす時間も増えるが、その工数も削減できる。
また、基本設計ができた段階からメイクができるため、お客さまの業務システムを受託して開発しているSIer であれば、プロトタイプの段階からお客さまに見てもらうことが簡単にできる。

「機械的コーディングをお任せして生産性を10倍に!?」なるワケとは。詳しい内容は資料ダウンロード

資料をダウンロード

課題解決のヒントがここに。

機械的コーディングをお任せして生産性を10倍に!?

資料をダウンロード

「Magic xpa powered by FJcloud」をご利用中のお客様の声

株式会社コーワ様 活用事例

愛知県あま市に本社を置く1935年創業のコーワは、国内の工業用ブラシ製造企業として長年、圧倒的シェアを占める老舗である。しかし、主な取引先だった家電企業の海外シフトや自動車産業の規格統一など、今後の経営において楽観はできない要素もある。こうした中、同社では6代目社長である服部直希氏の強力なリーダーシップのもと経営改革に向けて大きく舵を切った。そこではクラウド上で高速にシステムを開発、そして運用ができる「Magic xpa powered by FJcloud」が活用されている。 詳しくはこちら

4年連続、シェアNo.1 超高速開発ツール

「Magic xpa」はWeb、モバイル、およびデスクトップのビジネスアプリケーションを簡単かつ迅速に作成できる超高速開発ツールです。
ミック経済研究所の「DX 実現に向けたソリューション市場動向 2019 年度版 ~レガシーマイグレーション&ローコードプラットフォームの現状と方向性~ 新しいウィンドウで表示」によると、実行エンジン型開発ツールの販売実績で4年連続トップシェアを獲得しています。

業務アプリケーション開発でお困りなら

超高速開発ツール「Magic xpa」による業務アプリケーション開発は、一般的なプログラミング言語の2~10倍の生産性。
Web、モバイルの業務アプリケーションをクラウド上で開発、テスト、本番運用までが短期間に行えます。

業務アプリケーションをすばやく開発!
Magic xpa powered by FJcloud

詳しく見る

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2020 FUJITSU