富士通

FUJITSU MetaArc Marketplace

close

業務を高速化・無駄な時間を短縮
「快適」な働き方の実現方法とは?

ダウンロードして詳しく見る

少子高齢化によって働く人口が減り、育児や介護などで働く人の要望も多様化してきています。自身の働き方を選択し、それぞれが仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)がとれるような社会の実現に向けた取り組みが「働き方改革」です。
2018年6月29日に可決・成立した「働き方改革関連法」では、月45時間・年360時間を原則とした時間外労働の上限や、雇用形態に左右されない同一労働同一賃金などが盛り込まれていますが、実際のところ、具体的な対応策に課題を抱えているといった企業も多いのではないでしょうか。
富士通では、「時間を意識」&「場所を意識しない」改革で社員一人ひとりがイキイキと働ける環境づくりの実現を支援します。

「働く時間」の改革

事情にあわせた柔軟な働き方において、「時間」を意識することが大切になってきます。
子育てや介護、外回りの隙間時間など、限られた時間の中で、生産性を落とすことなく業務を遂行することは、業務に費やす時間の意識を高めるとともに、既存の業務プロセスの見直しやルールの策定も必要になってきます。その先には、社員一人ひとりのライフ・ワーク・バランスの実現を導きます。

残業時間削減は、まず時間を意識することから

「長時間労働の是正」が最重要課題に位置づけられ始まった「働き方改革」へのチャレンジ。現場で働く従業員にとっては、「いまの業務のまま残業時間を減らされても・・」という本音もチラホラ聞こえてきます。
では、いかに限られた時間で効率よく業務をこなすのか。これまで残業時間があること前提で「働く時間」を決めていたという実態から脱却し、会社全体の「業務効率化」という課題に立ち向かうのは、容易ではありません。社員ひとりが、管理者だけが、経営視点だけでは、「働く時間」は改革できません。では、それぞれの立場で、時間を「意識する」ことから始めてみませんか。

3者で改革!働く「時間」

従業員の
「時間」改革

無駄な残業はありませんか?

複数の案件を同時に対応しているうちに、時間に追われてしまう。こうした日々の業務コントロールは誰しもが頭を悩ませているでしょう。
まずは「定時内でどこまでできるのか」と切り替えてみる。一日のはじまりなどに、自分のタスク、業務の振り返りを行い、時間を意識して業務を行ってみると意外にも、無駄な残業が多いことに気づくかもしれません。

管理者の
「時間」改革

マネジメントレベル大丈夫?

部下が何にどれくらいの残業をしているのか。多くのプロジェクトや人材を抱える管理者にとって、部下一人ひとりの長時間労働の要因を把握することは容易ではありません。残業率の高いプロジェクトなどに対し、適切な解消方法の提案やサポートをしていくには、実態の把握が必須です。それには社内の円滑なコミュニケーションもあわせて行っていくことが大切です。

企業の
「時間」改革

コンプライアンス、徹底されていますか?

長時間労働の是正が問われている背景には、社員一人ひとりがいきいきとした職場づくり、健康経営を促進させ、労働生産性を改善しようとする思いがあります。
必ず行うべき従業員の労働実態の把握は、コスト削減の裏に隠れた法律で禁止されているサービス残業(賃金不払残業)を解消し、企業リスクに備えます。


時間に対する意識が変わると、適切な従業状態での業務効率改善が促され、社員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスの最適化が図れていきます。

顧客・案件管理をおどろきのスピードで実現!長時間労働を抑止します

「Pleasanter」は、顧客管理や案件管理の業務アプリをノンプログラミングで開発する国産オープンソースのWebデータベースです。これまでエクセルやメールで行っていた管理業務をWebブラウザで一元管理することで、社内の情報共有をスムーズに行えます。また、独自開発のUIエンジン搭載により、ストレスなく動作する高速化を実現。快適なパフォーマンスで業務効率化を促し、長時間労働の抑止に貢献します。

会議のムダを見直してみましょう

ビジネスにおける時間管理の課題として「会議の時間が予定より延びがち」「会議室が空いていなくて調整するだけで時間がかかる」といった会議にかかわる悩みが挙げられます。1つの会議の時間が予定通りに進まないと生産性も下がり、その他のスケジュールにも影響を及ぼします。また、会議室は共有スペースでもあります。予定が入っているのに実際は使用されていない「カラ予約」は、ムダな時間を生み出すばかりか、本来使用すべき会議を妨げ、企業の損失を招きます。

会議室の予約・運用システムでムダ削減と利便性を向上

「SmartRooms」なら、会議室を予約するグループウェアと部屋前端末がリアルタイムに連携し、会議室の運用効率化を実現します。予約済みの会議室が一定時間を経過しても入室されない場合の自動キャンセル機能や、予約時間枠の終了が近づくとアラーム通知で会議の長時間化を抑制。会議室予約・運用のストレスを賢く無くします。

お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム

富士通コンタクトライン(総合窓口)
TEL:0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

「働く場所」の改革

いま、子育てや介護、外回りの隙間時間など、事情にあわせた柔軟な働き方が求められています。モバイルワーク、在宅勤務、サテライトオフィスなどにおいて、生産性を落とすことなく業務を遂行できる環境づくりは、少子高齢化による人手不足をはじめ、仕事と家庭の両立といった社会的問題を解決し、より多くの人々が豊かに暮らせる社会環境を導きます。

どこでも業務ができる環境を整えましょう

テレワークの環境づくりを検討しましょう

働く場所の制約を解消するITを活用した働き方改革、テレワーク。いつでもどこでも柔軟に働くためのテレワークの実践を成功させるには、いかに通常勤務するオフィスと同レベルのセキュアなファシリティを提供するかが、効率的な業務を遂行する上で課題になってきます。

どこからでもセキュアにファイル共有できれば在宅でも勤務しやすい

「FUJITSU Cloud Service クラウドファイルサーバー」なら、1ユーザーあたり月額 180円~の低価格で始められます。クラウド型のファイル保管・共有サービスのため、ユーザー数や容量をいつでも簡単に、スピーディーに変更可能です。ビジネスユースに耐えるセキュリティ品質で、安心してご利用いただきます。

お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム

富士通コンタクトライン(総合窓口)
TEL:0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

便利な商品で、もっと働き方改革を!

不要な残業を抑止するツールで、導入企業は平均2~3割の残業時間減の実績

「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー SaaS」なら、社員一人ひとりのPC利用を抑止することで、直接的に残業時間の削減を実現します。残業の実態把握による「マネジメントのレベル向上」と「コンプライアンスの徹底」をしながら、社員一人ひとりの「ワーク・ライフ・バランスの実現」につなげます。
詳しく見る 成功事例集を今すぐダウンロード

 

客室に設置した印刷物の差し替え作業が不要に!多くの時間と費用を削減できます

「vivuan(ヴィヴアン)」は、ホテル/旅館の客室に設置したタブレットを利用し、コンシェルジュサービスを提供するクラウドサービスです。室内の印刷物の削減のみならず、その差し替え作業も不要になることで多くの時間と費用が削減できます。また、今後見込まれる海外からの観光客にも多言語で対応できるので、人手不足解消につながり、現場業務に注力できる働きやすい職場環境を構築できます。
詳しく見る

 

自分のオフィスに戻ることなく、急な印刷にも対応できます

「FUJITSU Cloud Service Print Anywhere」なら、社内であれば、複合機の設置場所やメーカー、機種を問わず、いつでもどこでも、クラウドへの印刷指示で印刷できます。出張先のオフィスやサテライトオフィスで作業をしている方でも、個別の設定をせずにIDカードなど個人認証で印刷できます。目的地までの紙の持ち運びも最小限にに抑え、セキュリティリスクを低減・情報漏えいを抑止します。
詳しく見る

 

安全な専用開発環境でテレワークを実現!チーム内のコミュニケーションも加速します

大手IT企業でも採用されソフトウェア開発の定番となったプラットフォーム「GitHub」。お客様ごとの専用環境で、インフラ運用はすべて富士通が行い提供するのが「FUJITSU Cloud Service for OSS GitHub Enterprise」です。手間なくいつでもどこでもコミュニケーションがとれる環境だから、チーム内外のコラボレーションを加速し、多忙で有能な開発者によるテレワークでの業務を実現できます。
詳しく見る

 
無料トライアルプレゼントキャンペーン

お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム

富士通コンタクトライン(総合窓口)
TEL:0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • google+
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2018 FUJITSU