富士通

FUJITSU MetaArc Marketplace

close

働き方改革 3つのポイントとは?

近年、働く人口が減り働く人の要望も多様化してきています。自身の働き方を選択し、ワーク・ライフ・バランスがとれる社会の実現に向けて、富士通は、「時間を意識しない」&「場所を意識しない」改革で、社員一人ひとりがイキイキと働ける環境づくりを支援します。

なぜ企業は働き方改革を急いでいるのか?

2019年4月に施行された働き方改革関連法において、時間外労働の上限規制が導入されました。
「残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできません。」とされており、違反した場合には、罰則(6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金)が科されるおそれがあります。
そのため現場の社員一人ひとりが時間を意識し、より効率的に働くことが求められています。

こんなことで困っていませんか?

残業の抑制

こなさなければならない業務の量は変わらないのに残業規制でますます時間が足りない、仕事が終わらない。

会議のムダ

会議室が空いておらず調整に時間がかかる。意見に応じた資料をすぐに提示できない。予定時間より延びがち。

働く場所の制約

柔軟に働けるテレワークを成功させるために、通常勤務するオフィスと同レベルのセキュアなファシリティをいかに提供するか。

資料をダウンロード

課題解決のヒントがここに。

働き方改革をはじめるにあたってのポイント

  • よくある働き方改革の課題とは?
  • 課題を解決する取り組みとは?

資料をダウンロード

情報共有や管理業務にお困りなら・・・

これまでメールとExcelでなんとかやってきたけれど、最近限界を感じていませんか? そんな方におすすめなのが「Pleasanter on FUJITSU Cloud Service」です。3つの「すばやさ」で業務にかかる時間と手間を省いて、仕事とビジネスのスピードアップを図り、マネージメントの快適化をサポートします。

顧客・案件管理をおどろきのスピードで実現!長時間労働を抑止します
Pleasanter on FUJITSU Cloud Service

詳しく見る

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2019 FUJITSU