富士通

FUJITSU MetaArc Marketplace

close

約16,000社、43万名*の受講実績をもつ、実践に役立つ研修コース(*過去5年間)

【WEB割】サイバー攻撃への対応力強化!セキュリティ研修サービス

お気に入りに追加

お気軽にご相談ください

マーケットプレイスからのお申込で15%OFF
  • 目指すキャリア視点で段階的に学べるコースラインナップ
  • 豊富な人材育成経験に基づく、しっかり身に付くカリキュラム
  • 知識習得にとどまらない、演習・実習などによる実践的な学び

定価4,500円~ → 特価3,825円~

販売元 富士通株式会社
提供元 富士通株式会社
販売タイプ マーケットプレイスでご注文可能
支払種別 一括前払

本コースの価格は1名あたりの受講金額、本サイトからお申込みいただいた場合の特別価格となります。受講ご希望のコース開催日20日前を目安にお申込ください。
各コース開催日程およびコース詳細については「コースガイド」を参照ください。

  • 概要
  • 機能
  • 価格
  • 購入方法
概要

情報セキュリティ対策の動向

  •  情報セキュリティ対策は、すべての組織・団体にとって必須の課題です。しかし、「情報セキュリティ推進部門」「IT利用部門」「マネジメントシステム構築担当者」「内部監査担当者」「アプリケーション開発者」といった各部門・役割に応じて、その取り組みは様々で、必要とするスキルも多様化しています。
     さらに、近年は、サイバー攻撃による脅威が、企業や組織にとって、事業、および組織活動に直結したリスクとして、経営や組織の活動を脅かす大きな問題となっています。また、これらの攻撃は、SQLインジェクションやセッションハイジャックといった既知の脆弱性を狙った攻撃にとどまらず、巧妙に偽装された標的型のメール攻撃による内部への侵入と脆弱な内部システムに対する未知のウイルスやゼロデイ攻撃といった、「これまでの対策」では対応しきれない脅威的なものになっています。
     今日、情報セキュリティ対策として、個人の不注意や内部への侵入を防ぐための様々な対策(「これまでの対策」)を強化するのはもちろんのこと、これらに加えて内部への侵入を前提とした「できるだけ早期に侵入を検知する」 「攻撃者とウイルスを遮断する」 「被害を最小化する」 「適切な対策を立案・実行する」といった新たな対策であるサイバー攻撃対策が必要となってきています。

一般社員と情報システム部門に求められるスキル

  • サイバー攻撃による影響を最小限に抑えるために、それぞれの部門でのスキルの底上げが重要となります。

    • 一般社員
      • サイバー攻撃に対する感度の向上

        攻撃者の様々な手口(標的型メール攻撃、水飲み場型攻撃など)や、攻撃が組織に与える影響(サービス停止、社会からの信頼失墜など)について、社員・職員全員が正しく理解していること

      • 組織全体でセキュリティに取り組む風土作りとその浸透

        日々の業務の中で、何か怪しい、何か違和感を感じたら、社員・職員同士で声を掛け合う、セキュリティ部門にエスカレーションする、といった組織風土を作り、それを組織全体に浸透させること

    • 情報システム部門
      • インシデント発生時における実践対応力の強化

        サイバー攻撃を受けた際の手順を確立する、実践的な訓練を実施するなど、インシデント発生時にスピーディーな対応ができること

      • セキュリティベンダーと連携するための知識・スキルの習得

        各種相談・対策協議・解決に向けた議論や協働を、サポートを委託するセキュリティベンダーと実施する際に必要な前提知識やスキル(サイバー攻撃に関する勘所や専門用語)を身につけること

      • 富士通社内の人材育成ノウハウを盛り込んだ実践的な研修「セキュリティマイスター認定制度」

        富士通では、サイバーセキュリティに関する技能を持った富士通グループの人材を発掘・育成し、お客様の安心安全なICT運用を支えることを目的に「セキュリティマイスター認定制度」を設立、人材育成を通じてサイバー攻撃対策について現場で活かしています。
        「富士通セキュリティマイスター」研修シリーズは、この社内制度の人材育成ノウハウに基づき、お客様に必要となるセキュリティ人材像に対応した研修コースを体系化してご提供しています。

セキュリティマイスター認定制度について

機能

セキュリティ関連コース

セキュリティ関連コース体系図

これから情報セキュリティに携わる方、利用部門における情報セキュリティ対策を習得したい方、ネットワークやWebアプリケーション開発におけるセキュリティ関連技術・スキルを習得したい方、サイバー攻撃に対する専門的な技術を習得したい方など、部門や役割に応じて様々なコースを提供しています。

セキュリティ関連コース体系図

情報システム部門向け、および、専門家育成コースは、富士通社内のセキュリティマイスター認定制度でも取り扱っているコースです。

新設・オススメコースのご紹介

一般社員向け

やらなきゃ大変!初心者のための情報セキュリティ対策入門(eラーニング)   コースコード:SV6AUEL11D
 

企業・組織の従業員がまず身につける必要がある「日常業務での情報セキュリティ対策の基本」について、親しみやすい登場人物(キャラクター)の 謎解きストーリーで体系的にわかりやすく学習します。

マネジメント

情報セキュリティ対策実践シリーズ 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門   コースコード:SV6AUSA04L
 

情報セキュリティ上のリスクは、企業や組織、団体に大きな被害や影響をもたらすため、適切な予防と事後対応が事業活動の中で必要不可欠となっています。本研修では、情報セキュリティ対策を進めていく上で基本となる、アクセス制御技術、認証技術、暗号利用技術、ウイルス対策技術などの基礎知識を体系的に講義で学習します。また、それらの対策技術を活用したセキュアな環境を構築・運用するための留意点をシミュレーター実習およびグループ演習を交えながら学習します。

クラウドサービス活用におけるセキュア環境構築入門 ~利用者側で必要な管理策の把握~   コースコード:SV6AUSA55L
 

クラウドサービスの普及に伴いクラウド特有の情報セキュリティリスクに対する対応が必要となってきています。 本研修では、クラウドサービスを安全に利活用するために事業者側で必要なクラウドセキュリティにおける管理策を、JIS Q 27017のガイドラインをベースにしながら体系的に講義と演習を通して学習します。

サイバー攻撃対策

サイバー攻撃におけるインシデント対応 ~疑似環境を用いた解析~   コースコード:SV6AUAZ03L
 

サイバー攻撃を受けた場合のインシデント対応方法を学習します。
水飲み場型攻撃や標的型メール攻撃などのサイバー攻撃手法を学び、疑似的な攻撃を行ったうえで、攻撃を受けた環境を用いて、データの保全や解析を行い、侵入経路や被害状況を究明する手順を習得します。

サイバーレンジによる実践的防御演習基礎   コースコード:SV6AUAZ01L
 

水飲み場型攻撃や標的型メール攻撃に代表されるサイバー攻撃に対し、内部への侵入を前提としたセキュリティ対策について、演習を交えて学習します。演習では、業務データが流れるサイバーレンジ(演習場)において、実際の攻撃の手口を検証するとともに、早期発見、被害の特定や最小化、適切な対応方法を、ハンズオン形式で体験します。

価格

価格表

価格は1名あたりの受講価格となります。(受講ご希望のコース開催日20日前までを目安にお申込ください。)
ご注文確定後のキャンセルはできません。

 サービス名価格(定価、税別)
キャンペーン価格(15%off)
料金形態
1 やらなきゃ大変!初心者のための情報セキュリティ対策入門(eラーニング) 4,500
3,825
一括前払
2 セキュリティマインドアップ研修~心のセキュリティ~(1日間) 42,000
35,700
一括前払
3 基礎から学ぶISMS実践トレーニング~ポリシー、リスク分析、PDCA、認証基準~(3日間) 113,000
96,050
一括前払
4 クラウドサービス活用におけるセキュア環境構築入門~利用者側で必要な管理策の把握~(2日間) 76,000
64,600
一括前払
5 ISMS内部監査実践トレーニング~ロールプレイングによる監査実務スキルの修得~(3日間) 135,600
115,260
一括前払
6 情報セキュリティ対策実践シリーズ 基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編(2日間) 76,000
64,600
一括前払
7 セキュリティ技術者育成(1日間) 150,000
127,500
一括前払
8 セキュリティインシデントレスポンス前に知っておきたいコマンド、ツール概要(1日間) 45,000
38,250
一括前払
9 サイバー攻撃におけるインシデント対応~疑似環境を用いた解析~(1日間) 100,000
85,000
一括前払
10 サイバーレンジによる実践的防御演習基礎(2日間) 300,000
255,000
一括前払
11 セキュアWebアプリケーション開発講座(2日間) 200,000
170,000
一括前払
12 自社で取り組むWebアプリケーション脆弱性診断(2日間) 200,000
170,000
一括前払
13 自社で取り組むネットワーク脆弱性診断(2日間) 200,000
170,000
一括前払
購入方法

ご購入までの流れ

STEP1

「FUJITSU MetaArc Marketplace」への新規会員登録
「FUJITSU MetaArc Marketplace」からご注文いただく場合、会員登録が必要です。
新規登録がお済みでない場合は「会員登録」から会員登録をお願いいたします。

STEP2

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で概算見積
ご注文前に概算見積(料金シミュレーション)をご確認いただけます。
本ページの「見積・購入手続きに進む」ボタンを押下いただき、希望する研修サービスをプルダウン選択、受講人数をご入力の上、「見積書作成・保存」ボタンを押下することでご確認いただけます。

STEP3

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で注文
本ページの「見積・購入手続きに進む」ボタンを押下し、ご注文ください。
なお、すでに概算見積をお取りいただいている場合は、そのお見積の内容でご注文いただけます。(お見積はマイページより参照いただけます)
弊社にてご注文受付後、空席状況など確認の上、ご希望日程での受講可否をご連絡させていただきます。

STEP4

商品代金のお支払い
弊社にてご注文受付後、ご注文いただいたサービス料金をお支払いいただきます。
(クレジット:即時決済、銀行振込:ご注文受付翌日に発送するお振込用紙にてお支払い)
ご注文受付後、お振込用紙記載の期日までにお振込みいただけない場合は注文キャンセルとさせていただく場合があります。

STEP5

研修受講管理システム KnowledgeC@feアカウントご案内
研修申込責任者の方に、「KnowledgeC@fe」をご利用いただくためのアカウント(「ユーザID」および「仮パスワード」)を受講者様ごとにご案内いたします。
お申込の研修に関するご案内、「受講票」および「修了証」は、「KnowledgeC@fe」より取得いただきます。

STEP6

研修の受講
受講票を参照の上、指定の日時に会場までお越しください。
研修を受講いただきましたら、後日修了証を受講者の方に送付いたします。

ご留意事項

    • 本サイトからご注文の場合、ご注文受付後のキャンセルは原則、お受けできません。予めご承知置きください。止むを得ず、当日受講いただけない場合は、代理の方に受講いただけます。
    • 代理の方が受講の場合は、お申込受講者様の受講票持参の上、当日受付までお申し出ください。
    • お申込時の制限について
      1回のご注文でお申込できるのは、1コース、1日程のみとなります。複数コース、複数日程の同時申込はできません。



    • 研修受講管理システム KnowledgeC@fe アカウントご案内
      「KnowledgeC@fe」をご利用いただくためのアカウント(「ユーザID」および「仮パスワード」)は、研修申込責任者様宛てに、お申込受講者様全員分をメールにてご案内いたします。

 

よくあるご質問 ・ お問合せ

  • PDU関連について(PDUポイントはどうすれば発行されますか、英語表記の受講証明書を発行してほしい、など)
  • 受講票・修了証に関するご質問 (受講票はいつ届くのでしょうか、修了証が送付されていません、など)
  • お問合せ窓口
    (受付時間:9:00~17:30 (土曜日、日曜日、祝祭日を除く))
     受講する研修サービス詳細 についてのお問合せ:富士通ラーニングメディア お客様総合センター (0120-55-9019)
    FUJITSU MetaArc Marketplace注文に関するお問合せ:富士通クラウドコンタクトセンター(本ページ右下記載)

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • google+
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2017 FUJITSU