富士通

FUJITSU MetaArc Marketplace

close

ひとり情シス対応!Web/Mail/DNS/FTPサーバをオールインワンで構築する仮想アプライアンス

Powered BLUE 870 VM

お気に入りに追加

お気軽にご相談ください

直感的で扱いやすいGUIで、Web/DNS/Mail/FTPサーバ機能を有した仮想アプライアンスサーバを構築します。
オールインワンのアプライアンスサーバを構築できるため、OSに関する専門知識を持たないユーザーでも、「ひとり情シス」環境でも、すぐにインターネットサーバの導入および運用が行なえます。

  • ソフトウェア

年額90,000円~

(注)初期導入費用とサポート費用は別途必要となります。

販売元 株式会社ムービット
提供元 株式会社ムービット
販売タイプ マーケットプレイスでご注文可能
支払種別 年額前払​

お客様側で本製品を運用するためFUJITSU Cloud Service for OSS 上の仮想サーバ費用はお客様でご負担いただきます

  • 概要
  • 価格
  • 購入方法
  • 無料トライアル
概要

Powered BLUE 870VMは、OSに関する専門知識を持たないユーザーでも、電源投入後すぐにWeb/DNS/Mail/FTPサーバの導入・運用を開始できるマルチドメインに対応したオールインワンの仮想アプライアンスサーバです。

OSとしてはCentOSに対応しており、専用のGUIからサーバの設定や操作を行なうことができます。またサードパーティのアプリケーション(例 サイボウズ・デスクネッツ・監視ソフト・他)などをインストールして運用することもできます。フリープラグイン機能も充実しており、GUIからの操作により、WordPress/Roundcube/Let's Encrypt/ownCloud/php7.xなども簡単にインストールし、利用することができます。固定IPアドレス1個で、複数のWebサイトのSSL化に対応しています。また、無償のSSLサーバ証明書であるLet's Encryptと組み合わせることで、費用を抑えてWebサイトのSSL化を行なうことができます。

複数のWebサイトを運用する企業や、専任のシステム管理者をもたない場合、さらに「ひとり情シス」でも、サーバの自己監視機能やサービスの自動復旧機能やパッチの自動適用モードにより、容易に運用ができます。
オプションのSSLクライアント認証やWebアクセス時のワンタイムパスワード認証、リバースプロキシなどを組み合わせることで、Webサイトの運用からWebアクセスの2要素認証や、既存Webへのリバースプロキシによる転送までを、1台のPowered BLUE サーバで運用することが可能です。

こんな企業にオススメ

Web/DNS/Mail/FTPからオンラインストレージなどの機能までを1台のサーバで運用したい

複数のWebサイトのSSL化の費用をかけずに、簡単に行ないたい

ひとり情シスなので、負担をかけずに自社管理のインターネットサーバの運用を行ないたい

詳しくはこちら

特長

  • Mail/Web/DNS/FTPなどのインターネットサーバ機能をオールインワンで運用

    Mail/Web/DNS/FTPなどのインターネットサーバ機能を1台のサーバで運用できます。マルチドメイン運用時、固定IPアドレス1個で複数のWebサイトのSSL化機能(SNI)に対応しています。フリープラグインのLet's Encryptと組み合わせると、複数のWebサイトのSSL化を固定IPアドレス1個で行なうことが出来ます。CentOSで動作するサードパーティソフト(例 サイボウズ・デスクネッツ・監視ソフト・他)などもインストールしての運用ができます。

  • ひとり情シス環境での自動運用

    サーバの自己監視機能やサービスの再起動機能を装備し、外部の監視サービスを利用しない場合でも、ひとり情シス環境での自動運用に対応。

  • フリープラグインはGUIからの簡単インストール

    GUI対応のフリープラグイン機能によりWordPress(CMS)/ ownCloud(オンラインストレージ)/ Let's Encrypt(無償のWebサイトのSSLサーバ証明書機能・自動更新対応)/ Roundcube(Web Mail)/ php 7.x なども、ワンクリックでのインストールし、利用ができます。また、Let's Encryptとの組み合わせにより、費用を抑えてWebサイトのSSL化を行なうことができます。

  • 導入時の価格メリット

    市内の小中学校の50校の個別のWebサイトを1台のサーバで構築&運用する場合

    一般的なWebシステムを利用して、国内のA社のクラウドで運用時

    固定IPは50個、SSLサーバ証明書も50サイト分の50枚必要です。

    <fig-1>
    固定IP 50個の費用
     月額1,000円/個x50x12 = 60万円/年
    
    SSLサーバ証明書の費用
     30,000円/枚x50 = 150万円/年
    
    データ転送費用
     従量課金 〇△x円/年
    ----------------------------------------
    小計      210万円/年+〇△x円/年
    
    Powered BLUE 870をFujitsu Cloud for OSS上での運用時

    SNI機能により固定IPアドレス1個で全てSSL化対応のWebサイトで構築・運用。SSLサーバ証明書は無償のサーバ証明書発行機能のLet's Encryptを利用。
    SSLサーバ証明書は自動更新機能でメンテナンスフリーでの運用が可能です。
    (サイトの管理者権限は、個別のWebサイト毎にアサインできます)

    <fig-2>
    固定IP 1個の費用(SNI機能)
     月額446円/個x1x12 = 5,352円/年
    
    SSLサーバ証明書の費用(Let's Encrypt利用)
     0円/枚x50 = 0円/年
    
    データ転送費用
     0円/年
    ----------------------------------------
    小計         5,352円/年
    

    従量課金部分がないので、予算を組みやすいメリットがあります

    オブジェクトストレージの運用 例

    Powered BLUE 870 で運用のownCloudから外部ストレージとして、AWSのオブジェクトストレージ S3 と Fujitsu Cloud Service for OSS のオブジェクトストレージサービスを利用時の費用

    AWS S3  1TB   125ドル/月 14,429円/月(為替115円/ドル)
    データアップロード     0円
    データダウンロード  従量課金
    ----------------------------------------
    小計      14,429円+従量課金(月額)
    
    
    4OSS  Object Storage 1TB  4,464円/月
    データアップロード     0円
    データダウンロード     0円
    ----------------------------------------
    小計       4,464円 (月額)
    

     

    従量課金部分がないので、予算を組みやすいメリットがあります

機能

  • WordPress(フリープラグイン)対応

一般的なWebツールで作成したWebページだけでなく、WordPressのWebページ作成にも対応します。
一つの仮想サイト内に、複数のWordPressで作成したWebページを開設し、運用することができます。

<fig-1>
  • サーバの自己監視機能

アクティブモニターは、サービスの状態を監視する機能です。異常を検知した場合、サーバ管理者へ通知するとともに、サービスの復旧を試みます。また、パッチの自動適用モードも備えており、ひとり情シスでも簡単に運用ができます。

<fig-2>
  • ownCloud(フリープラグイン)対応

オンラインストレージのownCloudからオブジェクトストレージ機能を利用することができます。

ownCloudでは、外部ストレージとして任意のオブジェクトストレージサービスを利用することができます。

  • ニ要素認証(オプション)

Webサイトアクセス時のSSLクライアント認証やワンタイムパスワード認証機能を付与することができます。

  • リバースプロキシ(オプション)

リバースプロキシ機能を付与することができます。
またSSLクライアント認証やワンタイムパスワード認証との組み合わせにより、リバースプロキシ機能で認証後に指定のWebサーバへリダイレクトさせることができます。

  • マイグレーション(オプション)

以下のデータから、Powered BLUEへのデータ移行に対応します。

  • Powered BLUE シリーズ(旧モデル)
  • Turbolinux Appliance Server シリーズ(Turbolinux社)
  • NetSHAKER BlueRack シリーズ(安川情報システム社)

対応プラットフォーム

本ソフトウェアは以下のプラットフォームで動作します。

  • FUJITSU Cloud Service for OSS IaaS
  • FUJITSU Cloud Service for VMware NIFCLOUD

ご留意事項

ご利用に際しては、お客様側でPowered BLUE 870 VMを運用するためのFUJITSU Cloud Service for OSS のCentOS 7.x の仮想サーバを利用します。Powered BLUE 870の仮想アプライアンスの作成に際しては、弊社からお客様側の環境にアクセスさせていただく必要がございます。弊社ではPowered BLUE 870 VMの仮想アプライアンスを作成後にサーバをお客様へ引き渡しをします。引き渡し後のPowered BLUE 870 VM サーバは、セットアップウイザードの画面となります。なお、お申込からご利用開始までは多少のお時間が必要となります。FUJITSU Cloud Service for OSS基盤側の費用は、お客様側で負担していただく必要がございます。

価格

価格表

下記は、CentOS7対応版の価格です。
「Powered BLUE 870 VM データ移行」をご希望の場合は、お問い合わせください。

商品形態商品名料金
区分
価格
(円、税別)
備考
基本
(いずれか1つ)
Powered BLUE 870 VM 仮想サイト数(1サイト) 年額 90,000 作成できる仮想サイト数1
Powered BLUE 870 VM 仮想サイト数(2サイト) 年額 150,000 作成できる仮想サイト数2
Powered BLUE 870 VM 仮想サイト数(10サイト) 年額 210,000 作成できる仮想サイト数10
Powered BLUE 870 VM 仮想サイト数(無制限) 年額 270,000 作成できる仮想サイト数制限なし
オプション
(必須)
Powered BLUE 870 VM 初期導入サービス 一括 60,000 仮想アプライアンスの作成(初回申し込み時のみ必要な初期設定費用)
Powered BLUE 870 VM 製品サポート 年額 30,000 Powered BLUE 870 VM QA対応 1年
Powered BLUE 870 VM データ移行 一括 個別見積もり
別途ご相談ください
旧機種からPowered BLUE 870VMへのデータ移行

ご留意事項

ご利用に際しては、お客様側でPowered BLUE 870 VMを運用するためのFUJITSU Cloud Service for OSS のCentOS 7.x の仮想サーバを利用します。Powered BLUE 870の仮想アプライアンスの作成に際しては、弊社からお客様側の環境にアクセスさせていただく必要がございます。弊社ではPowered BLUE 870 VMの仮想アプライアンスを作成後にサーバをお客様へ引き渡しをします。引き渡し後のPowered BLUE 870 VM サーバは、セットアップウイザードの画面となります。なお、お申込からご利用開始までは多少のお時間が必要となります。FUJITSU Cloud Service for OSS基盤側の費用は、お客様側で負担していただく必要がございます。

購入方法

ご購入までの流れ

STEP1

「FUJITSU MetaArc Marketplace」への新規会員登録
「FUJITSU MetaArc Marketplace」からご注文いただく場合、新規会員登録が必要です。
新規登録がお済みでない場合は「新規会員登録する」から会員登録をお願いいたします。

STEP2

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で概算見積
ご注文前に概算見積(料金シミュレーション)をご確認いただけます。
本ページの「見積・購入手続きに進む」ボタンを押下いただき、数量をご入力の上、「見積書作成・保存」ボタンを押下ください。

STEP3

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で注文
本ページの「見積・購入手続きに進む」ボタンを押下し、ご注文ください。
なお、すでに概算見積をお取りいただいている場合は、そのお見積の内容でご注文できます。

STEP4

利用申込書の記入
利用申請書をe-mailにて送付いたしますので、必要事項をご記入の上、返送ください。
(利用申請書返送からサービス提供まで、7営業日(目安)かかります)

無料トライアル

無料トライアルまでの流れ

STEP1

FUJITSU MetaArc Marketplace」への新規会員登録
「FUJITSU MetaArc Marketplace」からお申込みいただく場合、会員登録が必要です。
新規登録がお済みでない場合は「会員登録」から会員登録をお願いいたします。

STEP2

「Powered BLUE 870 VM 14日間無料トライアル」お申込み
本ページの「無料トライアルを申し込む」からお申込みください。
(注)トライアル利用に関する条件は、【無料トライアルを申し込む】ボタンを押した後に表示される「商品確認・数量変更」ページの下部にあります。お申込み前にご確認ください。

STEP3

事前情報の提示
トライアルサービス利用申込書を送付いたします。必要な内容をご記入の上、ご返送ください。
利用開始日は、お申込み日より5営業日以降をご指定ください。
ご希望に添えない場合は、ご担当者様にご連絡いたします。

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • google+
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2019 FUJITSU