富士通

FUJITSU MetaArc Marketplace

close

富士通のノウハウとオープン技術を融合した新しいクラウドサービス

FUJITSU Cloud Service K5

お気に入りに追加

お気軽にご相談ください

  • 1つのIDでIaaS/PaaSの多様な機能を利用可能
  • 複数アベイラビリティゾーンを構築することで、障害時にも安心
  • 多様な仮想サーバータイプを提供し、業務用途に柔軟な対応
販売元 富士通株式会社
提供元 富士通株式会社
販売タイプ マーケットプレイスでご注文可能
支払種別 月額(従量課金)

価格は価格表をご参照ください。

  • 概要
  • 機能
  • デモ動画
  • 価格
  • 購入方法
  • 無料トライアル
概要

「FUJITSU Cloud Service K5(以下、K5)」は、オープンテクノロジーと富士通の知見やノウハウである「Knowledge」を融合し、お客様の開発/運用の効率性を向上する新たなクラウドです。お客様やパートナー様の業務ノウハウ、オープン技術を取り込み、『スピーディな機能拡張』を実現することで、ビジネスの加速に貢献します。

POINT1

1つのIDでIaaS/PaaSの多様な機能を利用することが可能です。
お申込より最短で即日に利用が可能
K5ポータルおよびAPIを利用し、いつでも、多様な機能を利用可能

概要図
POINT2

複数クラウド環境(アベイラビリティゾーン)に業務システムを配備することで、安心して利用いただけます。
各リージョン内で、物理的に独立した環境(アベイラビリティゾーン)を利用することで、障害時はバックアップを活用し、システムを継続的に利用することが可能

複数クラウド環境(アベイラビリティゾーン)に業務システムを配備することで、安心して利用いただけます。
POINT3

CPUおよびメモリを最適化し、組み合わせした多様なサーバタイプを提供します。
CPU最適化、メモリ最適化などの業務用途を想定したvCPUとメモリの容量の組み合わせをサーバタイプとして提供
SAPアプリケーションに対応するサーバを提供することで、様々な用途に柔軟な対応

CPUおよびメモリを最適化し、組み合わせした多様なサーバタイプを提供します。

(注)以下のサービスについては書面契約となりますので、別途ご連絡します。

  • K5 DB powered by Oracle® Cloud
  • 専有仮想サーバ/専有物理サーバサービス
機能

(注)K5の利用マニュアルの詳細はK5の「ドキュメント」ページよりご確認ください。

IaaS

サービスポータル/APIを利用し、仮想リソースを配備・利用いただけるサービスでございます。お客様は本サービスを利用することで、短時間に仮想システムを構築することができます。

  • 初期費ゼロ、従量課金のため、小規模~大規模システムまで、お客様のニーズに合わせて柔軟に構築可能
  • フラットなネットワークで接続するスケーラブルな環境と複数ネットワーク階層に分割したセキュアな環境の両方に対応可能
IaaS

利用可能な仮想OS

Windows Server OS(サポートあり/サポートなし)、RedHatEnterpriseLinux(サポートあり)、CentOS(サポートなし)、Ubuntu(サポートなし(注))
詳細は「料金表」をご確認ください。
(注)UbuntuはCanonical Ltd.よりサポートいただけます。

サービスレベルに合ったクラウド環境を選択可能

高信頼・高性能および他社との物理的な隔離が必要なシステムにも対応
サービスポータルからお客様の業務・サービスレベルにあわせて、「仮想共有」、「仮想専有」、「物理専有」の最適なインフラを選択いただけます。

サービスレベルに合ったクラウド環境を選択可能

PaaS

CF

オープンソースの「Cloud Foundry」をベースとしたアプリケーション実行環境サービスです。

  • 複数の開発言語のアプリケーションを実行可能
    Java, Node.js, PHPなど、複数の主要な開発言語のアプリケーションを配備・運用できます。
  • 短サイクルでアプリケーションをデリバリ可能
    各種サービスを簡単に組合せることができ、アプリケーションを迅速に開発・デリバリできます。
PaaS

PF

保守性の高いアプリケーションの迅速な開発を支援し、アプリケーション実行環境を提供するサービスです。

  • 開発期間の大幅な短縮、生産性向上、開発規模の圧縮を実現します。
  • 実行環境定義を選択し、開発した資産を配備するだけで、システム構築が完了します。
PF

API Management

API Managementは、様々なWebサービスのAPIを管理・公開できる統合APIプラットフォームを提供するサービスです。

  • APIへのアクセス制御やデータの形式変換を行う機能により、APIの開発期間を短縮することができます。また、認証、トラフィック制御により、安全にAPIを公開することができます。
  • APIトラフィックの情報をモニタリングすることで利用状況を把握することができます。拡張、保守に役立つ情報により、ビジネスの継続的な成長を実現します。
API Management

SF

システム構成の定義体を作成・実行することで仮想アプライアンスを自動生成し、システムを自動構築できるサービスです。

  • 複数の仮想サーバと仮想ネットワークから構成される業務システムを迅速に自動構築できます。
  • システムを複数の環境に対して繰り返し構築することができ、容易に変更可能です。
SF

認証サービス

Webアプリケーションに対して多様な認証機能をスピーディーに組み込みできるサービスです。

  • 生体認証(手のひら静脈・指紋)の利用により、安全な認証システムの構築が可能になります。
  • 標準規約に沿った認証方式(SAML, OpenID Connect 1.0)の採用により、他のクラウドサービスと連携、シングルサインオンシステムの構築が可能です。
認証サービス

ビジネスサポート

お客様のビジネスアプリケーションに必要な「顧客管理」、「契約管理」、「料金計算」、「決済ゲートウェイ」の4つの機能をAPIとして提供するサービスです。
FUJITSU Cloud Service K5で実績のある機能をベースに提供します。

  • 顧客管理は登録される顧客の個人情報を暗号化することで、安全に顧客情報を管理することが可能です。
  • 契約管理は複数の契約情報をまとめて管理することができ、料金計算を容易にすることが可能です。
  • 料金計算は全7パターンのタリフ(課金方式)に対応しており、多彩な料金計算をすることが可能です。
  • 決済ゲートウェイはクレジット決済に必要なAPIを提供しており、決済代行会社システムとの連携を容易にすることが可能です。
ビジネスサポート

帳票サービス

業務に必要な各種帳票を、シンプルなインターフェースを用いて簡単に作成することを支援するサービスです。

  • 当社が提供する帳票設計・生成製品である「FUJITSU Software Interstage List Creator」をベースとしたサービスです。同製品を使用した既存システムの刷新時にも、そのまま帳票をクラウド化することが可能です。
  • 本サービスは、RESTfulなWebAPIを提供します。HTTP通信できるものであれば、プログラミング言語や実行環境は問いません。
帳票サービス

IoT Platform

大量のセンサーやデバイスとのデータ送受信~蓄積と、データ収集を行うIoT専用クラウドサービスです。
各種センサーやゲートウェイからのデータを標準手順で、簡単・効率良く利用できる共通プラットフォーム(PaaS)として提供します。

  • 短期間導入・運用:IoTで必要となる基本的な機能群(データの収集・保持・検索、アクセス制御、イベントの検知・通知など)をまとめて提供するため、お客様は業務アプリケーションの開発に専念できます。また、蓄積する各データは、細やかにアクセス権限を設定できるため、セキュアなデータ共有・活用が可能です。
  • 多彩なセンサー/デバイス対応:HTTP/HTTPSに加え、通信負荷やバッテリー消費の少ないIoT向けの軽量プロトコルであるMQTT/MQTTSを標準サポートし、多様なセンサー/デバイスをビジネスに活用できます。
  • 安定したデータ収集支援:富士通独自の全体最適化技術(ダイナミックリソースコントローラー:広域分散技術)により、データトラフィックの変動等に対して効率的かつ安定したデータ収集が可能です。
IoT Platform

シェアリングビジネス基盤

インターネットを通じて、モノやサービスを個人間で貸し借りしたり、企業から借りたりすることで成り立つ経済の仕組み(シェアリングエコノミー)を活用した、「シェアリングビジネス」の普及が始まっています。
お客様のシェアリングビジネスのアプリケーションに必要な、マッチング管理(商品管理、予約・購入管理)、パーソナル管理(アカウント情報、履歴)の機能をAPIとして提供するサービスです。

  • シェアする商品の登録、カレンダーへの予約・購入や、商品の提供者、購入者に関する利用者アカウントの管理ができます。管理する項目は自由に拡張することができます。
  • 利用者からの口コミ情報や各種評価情報の管理ができます。
  • 支払状況の管理や売上情報の確認など、ビジネスをサポートする運用機能を提供します。
シェアリングビジネス基盤

Voice Operation

音声認識に対応したアプリケーションを迅速に開発することができるサービスです。
音声認識の実行環境とアプリケーション開発用のSDK(ソフトウェア開発キット)を提供します。

  • 業界最高水準の日本語認識率を誇るフュートレック社の音声認識エンジンを採用し、ストレスの無い音声入力や操作が可能
  • SDK(アプリケーション開発キット)を利用することにより、簡単なインターフェースを実装するだけで、音声認識が実現可能
Voice Operation

バッチ基盤

基幹業務に必要なバッチ実行基盤とバッチに特化した軽量のフレームワークを提供するサービスです。
バッチの実行環境の迅速な提供、かつ柔軟な保守を可能とし、バッチ業務の開発・構築~運用保守を幅広くカバーします。

  • ジョブの分散実行を実現するバッチ実行基盤
    ジョブネットのジョブを計算ノードで分散実行し、リソースの有効利用で業務効率UPとTCO削減を行います。
  • バッチ処理開発のためのバッチフレームワーク
    業務処理と環境依存情報の分離により、バッチの業務処理開発への集中を促進します。
PaaS

(注)本サービスはPFの利用が前提です。
(注)バッチ基盤はPFのRDS(リレーショナルデータベース)のデータを利用し、バッチ処理を行います。

Personiumサービス

お客様のPersonal Data Store(PDS)ビジネスに必要なデータ領域、データアクセス管理、データ領域へのファイル・データアクセス機能を提供します。

  • パーソナルデータの提供者や利用者に対し、データ保管やアクセス管理可能なデータ領域を提供します。
  • データは利用者間、PDS事業者間の関係性に基づいてアクセス権の設定が可能です。
Personiumサービス

GitHub Enterprise

バージョン管理システムであるGitに対応したソフトウェア開発を支援するGitHub社の「GitHub Enterprise」をお客様ごとに専用環境で提供します。

  • 本専用環境にてソースコードの共有、レビューおよび課題管理機能を利用することで、人の入れ替わりが多い大規模・マルチベンダー案件の資産の集中管理やプロジェクト全体の運営を統一された手法で行うことができます。
GitHub Enterprise

Zinraiプラットフォームサービス

業種/業務ごとに最適化されたAI技術を組み込んだAPIや世界最速クラスのディープラーニング基盤を提供するサービスです。

  • 業種/業務ごとに最適化されたAPIを利用することにより、簡単にAIを業務システムへ組み込みが可能。
  • 世界最速クラスの学習処理能力を誇るディープラーニング基盤を提供し、高性能なAIの利用が可能。
Zinraiプラットフォームサービス

ソフトウェア カフェテリア

仮想サーバ上に各種ソフトウェアをインストールし、月単位利用/時間単位利用を自由に選択できるサービスです。

  • 1つの仮想サーバ上に複数のソフトウェアを自由な組み合わせで、ダウンロード&インストールして利用可能。
  • インストールされたソフトウェアごとに、月額料金/時間料金を選択可能。
ソフトウェア カフェテリア

アプリケーションモニタリングサービス

アプリケーション内部の挙動をモニタリングし、データベースへの記録や蓄積したデータの集計・傾向分析機能を提供するサービスです。

  • アプリケーションの利用傾向や性能傾向の分析が可能となり、性能が劣化した場合も早期に発見することができます。
  • 各種モニタリング機能を利用することで、アプリケーション異常時などもスムーズな調査が可能となります。
アプリケーションモニタリングサービス

リージョン(国内・海外)

国内2リージョンに加え、海外リージョンとしてイギリス他、順次展開

お客様はICT基盤の共通化によるガバナンス強化や、ICTを使った新しい分野でのビジネス創出などを、グローバルに取り組むことができます。また、地域ごとに受けるクラウドサービスの差異を意識する必要がなく、本業に集中することが可能となります。

リージョン(国内・海外)

各機能の詳細、価格について、「ドキュメント」 「料金表」にてご確認ください。

ヘルプデスクサービス

K5のご利用にあたっては、以下の3種類のヘルプデスクサービスをご提供しております。
ご利用にあたっては、ヘルプデスクサービスのご契約が必須となっております。
ヘルプデスクサービスの料金は「料金表」をご確認ください。

メニュー

  ライトベーシックプレミアム
  \6,000もしくは
月度の利用料金の10%に
相当する金額
上記どちらか高い額
\30,000円もしくは
月度の利用料金の10%に
相当する金額
上記どちらか高い額
\1,500,000円もしくは
月度の利用料金の10%に
相当する金額
上記どちらか高い額
問い合わせ
対応時間帯
平日9:00~17:00(JST) 24時間365日 24時間365日
問い合わせ
対応窓口
メール(日本語) メール/電話(日本語) メール/電話(日本語)
利用の前提条件 K5において、最新の修正版を適用していること
受け付ける
質問の内容
  • K5の仕様、設定方法ならびに利用方法に関する質問
  • K5が正常に動作しない場合における原因調査・回避措置に関する質問・相談
トラブル対応 K5でトラブルが生じた場合、トラブル発生時刻、影響範囲等を通知
トラブル通知 ポータル通知 ポータル/メール通知
  • ポータル/メール/電話通知
  • メールによるトラブル報告書の送付
月次報告 メールによる月次報告書のみ
その他
  • プレミアム利用者専任要員による対応
    (トラブルの一次切り分けを含む)
  • トラブル/質問対応の一元管理
注意事項
  • 時間外の問い合わせは、翌営業日 9:00以降の対応となります。
  • オートフェイルオーバー時にメール通知をする場合があります。
  • 夜間・休日は、緊急時のみ対応します。
    緊急以外の時間外の問い合わせは、翌営業日 9:00以降の対応となります。
    夜間:17時~翌9時
    休日:土日、祝日、12月29日~1月3日
  • 緊急時は、電話でお問い合わせください。
  • メールによる問い合わせの場合、電話の場合と異なり、お客様へのご連絡に時間がかかる場合があります。
  • 電話による問い合わせの場合、お客様への回答は基本的に電話連絡となります。

(注)ヘルプデスクサービス「プレミアム」の利用を希望される場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

デモ動画

k5プロモーション動画

 

【デモ動画】IaaS仮想システム作成の流れ~ポータル利用編~

(注)本番環境ではポータルからパスワードを設定せず、APIとキーペアを使って暗号化パスワードを取得してください。

【デモ動画】Cloud Foundryベースのアプリ実行環境サービス「CF」

価格

構成・価格例

価格情報は、「FUJITSU Cloud Service K5 」料金表をご確認ください。

(注)本サービスは、従量料金制サービスのため、ご利用実績に基づいてお支払いいただきます。

カテゴリタイプ数量使用量単価利用料金
仮想サーバ S-1
(仮想CPU1,
メモリ4GB)
1台 24時間 X 30日 10.37円 7,466.4円
OS提供
サービス
CentOS 6.4
64bit 英語版
1台 24時間 X 30日 無料 無料
ストレージ ストレージ 50GB 24時間 X 30日 0.006円 216円
システム
ストレージ
30GB 24時間 X 30日 0.022円 475.2円
ネットワーク グローバル
IPアドレス
提供サービス
1IP 24時間 X 30日 0.6円 432円
インターネット
接続サービス
データ転送受信
(イン)
24時間 X 30日 無料 無料
インターネットへの
データ転送送信
(アウト)
(注)1GB超過分
10GB 月間GB
(1GB超過量分)
16.8円 168円
サポート ライト 6,000円 6,000円
        14,757円

(注)単位中、「月」と記載されているサービスについて、同一料金月中のどの時点でサービスが開始、解約されても当月中は満額の料金が発生します。
(注)単位中、「月」と記載されているサービスについて、同一料金月において数量・レベルが変更された場合、最も高い料金のものが適用されるものとします。

購入方法

(注)「K5」を申込む際には、サービスポータルでの利用会員の登録完了後に発行される
契約番号」と「ユーザー名」が必要です。

ご購入までの流れ

STEP1

「FUJITSU MetaArc Marketplace」への新規会員登録
「FUJITSU MetaArc Marketplace」からご注文いただく場合、新規会員登録が必要です。
新規登録がお済みでない場合は「新規会員登録する」から会員登録をお願いいたします。

STEP2

サービスポータルで契約番号・ユーザー名を取得
注文時に必要なため、契約番号およびユーザー名をあらかじめ取得いただく必要があります。K5ポータルから利用会員の登録をしてください。
K5ポータル:https://s-portal.cloud.global.fujitsu.com

STEP3

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で注文
本ページの「注文」からご注文ください。
なお、Trend Micro Deep Security as a Service、Zinraiディープラーニングについては、別途申請書が必要になります。

STEP4

K5 利用開始通知
サービス提供準備が完了しましたら、窓口より「利用開始日」およびK5を利用する際に必要な情報をお送りいたします。
本通知をもって、K5ポータルより本サービスを利用いただけます。
(注1)当社営業日の12時までの受付け分は、原則即日に利用開始をご通知できます。
(注2)本サービスを解約される場合、受領後、解約まで5営業日いただきます。
(注3) IoT Platform、ビジネスサポート、GitHub Enterprise、シェアリングビジネス基盤、Zinraiプラットフォームサービスについては、サービス利用開始時にK5 PaaSポータルにて利用申込ください。

無料トライアル

(注1)無料トライアルは、「K5」をはじめてご利用になるお客様のみご利用いただけます。

(注2)「K5」の30日無料トライアルに申込む際には、サービスポータルでの利用会員の登録完了後に発行される
契約番号」と「ユーザー名」が必要です。

(注3)無料トライアルでは、一部利用機能に制限などがあります。
詳細は「トライアルご利用条件」をご確認ください。

無料トライアルまでの流れ

STEP1

FUJITSU MetaArc Marketplace」への新規会員登録
「FUJITSU MetaArc Marketplace」からご注文いただく場合、新規会員登録が必要です。
新規登録がお済みでない場合は「新規会員登録する」から会員登録をお願いいたします。

STEP2

サービスポータルで契約番号・ユーザー名を取得
注文時に必要なため、契約番号およびユーザー名をあらかじめ取得いただく必要があります。K5ポータルから利用会員の登録をしてください。
K5ポータル:https://s-portal.cloud.global.fujitsu.com

STEP3

「FUJITSU MetaArc Marketplace」で無償トライアル申込み
本ページの「無料トライアル」からお申込み下さい。
(注)無料トライアルの内容については、「注意事項」をご確認ください。

STEP4

K5 無償トライアル 利用開始通知
サービス提供準備が完了しましたら、窓口より「利用開始日」および無償トライアルを利用する際に必要な情報をお送りいたします。
本通知をもって、K5ポータルより本サービスを利用いただけます。
(注)当社営業日の12時までの受付け分は、原則即日に利用開始をご通知できます。

トライアルのご利用条件

IaaSサービス利用の
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 IaaSを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が作成できる仮想サーバは仮想CPUの合計数が10に達するまでとします。仮想サーバのL-12タイプ、L-24タイプ、C-16タイプ、S-16タイプ、M-16タイプは利用できません。
  • お客様が利用できるブロックストレージの上限は400GB、オブジェクトストレージは100GB、ロードバランサーは1台、グローバルIPアドレスは2個までとします。
  • お客様が利用できる提供OSは、Windows OS(サポートなし)、Cent OS(サポートなし)、Red Hat Enterprise Linux(平日サポート)、SUSE Linux Enterprise Server(Limited Support)、Ubuntu Server(サポートなし)とします。
  • お客様が利用できる提供ソフトウェアは、SQL Server(サポートなし)とします。
  • スタンダードサービスの専有仮想サーバは利用できません。
  • SAP向けサービスの仮想サーバ for SAP、専有仮想サーバ for SAPおよび専有物理サーバ for SAP HANAは利用できません。
  • DNSサービスは利用できません。
  • メール配信は利用できません。
  • コンテンツ配信サービスは利用できません。
  • 専有物理サーバサービスは利用できません。
  • Trend Micro Deep Security as a Serviceオプションは利用できません。
  • 仮想アプライアンス(IPCOM VA2)提供サービスは利用できません。
  • ブロックストレージ(ハイパフォーマンスタイプ)は利用できません。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
PFサービス利用の
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 PFを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が利用できるシステム構成パッケージは、選択したいずれか1つ、1パッケージのみとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
バッチ基盤サービス
利用の利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 バッチ基盤を利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が利用できる計算ノードは最大3台とします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
CFサービス利用の
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 CFを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様がアプリケーション起動時に指定できるメモリ割当量の総和は1契約番号(1組織)あたり最大2GBとします。
  • お客様がcf create-serviceコマンドで作成できるサービスインスタンス数は1契約番号(1組織)あたり最大10インスタンスとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
API Management
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 API Managementを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が作成したAPI Proxiesの呼出回数の上限は一ヶ月あたり300万コールとします。
  • お客様がPaaSポータルより利用申込できる回数は1回のみとします。
  • 客様が利用できるメニューは基本構成Standard(3M)のみとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
ビジネスサポート
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 ビジネスサポートを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • 決済ゲートウェイ クレジットカード決済にてお客様が利用できるモードはテストモードのみとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
IoT Platform
サービス利用の利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • 無償期間中に蓄積したデータは無償期間終了までに有償契約がない場合は削除します。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
認証サービス利用の
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 認証サービスを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が運用テナントに設定可能な最大ID数の合計は、1管理テナントあたり100とします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
Voice Operation
利用の利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 Voice Operationを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が利用できるメニューは音声認識サービス(共有環境)のみとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
DB powered by Oracle® Cloud
利用の利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle® Cloud は利用できないものとします。
Zinraiプラットフォーム
サービス利用の利用制限
  • FUJITSU Cloud Service K5 Zinraiプラットフォームサービスを利用するにあたり、下記の条件が適用されるものとします。
  • お客様が利用できるメニューは基本APIおよび、目的別APIの「専門分野別意味検索」「需要予測」のみとします。
  • 上記のほか、本サービスには当社が別途提示する書面に記載される制限事項が適用されるものとします。
プライベート接続の
利用制限
  • FUJITSU Cloud Service プライベート接続は利用できないものとします。

(注)上記に加え、リージョンごとで提供している機能に一部差異がございますので、料金表などをご確認ください。

ページトップ

公式SNSアカウント

ソーシャルメディアでシェアする

  • facebook
  • google+
  • twitter

お気軽にご相談ください

WEB:
お問い合わせフォーム
TEL:
0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Copyright 1994 - 2017 FUJITSU